MENU
カテゴリー
アーカイブ

心揺さぶられるバンド|WANDSというバンドを知っているかい?

音楽の力って偉大ですよね。

テンション上げたいとき、落ち着きたいとき、嬉しい時、悲しい時。

様々な状況で自分に寄り添ってくれます。

そして、思い出や経験にいろどりを与えてくれますよね。

音楽を聴くと当時の色んな思い出が鮮やかに蘇って、とても懐かしくなったりしませんか?

こういう事を感じると

 

はんぺん

音楽っていいなぁ

 

と心から思うわけです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、皆さんの中にも心動かされるバンドがあるでしょう。

自分の中にももちろん存在しておりまして、最近また熱が復活してきました。

どうしても紹介したくなったので、紹介してしまいます。

目次

WANDS(ワンズ)

出典:Amazonより

90年代のビーイング黄金時代を席巻したバンドの1つです。

1991年に結成してからメンバーチェンジ、解体を経て、つい最近(2019年)また再結成されました。

現在のWANDS、実は第5期なんです。

 

メンバーチェンジしていてもなお、WANDSの魅力は色褪せません。

同じバンドなのに、3タイプのボーカルが楽しめますよ。

 

それでは早速各時代ごとの魅力についてご紹介していきます。

WANDS 第1期~第2期(1991年~1996年)

いわゆる初代と言われる時期ですね。

メンバーはボーカル:上杉さん、ギター:柴崎さん、キーボード:大島さん→木村さん

この時期こそWANDSという人もいるくらい、黄金期でミリオンセラーを連発しています。

ボーカルの上杉さんの声と作詞のセンスに圧倒されることでしょう。

現在でも知名度の高い「世界が終わるまでは・・・」はこの時期の楽曲です。

ですがね、他にも良曲があるんですよ。いや、ホントにね、聴いてほしい。

懐かしさ補正を加味しても当時のJ-POPのトップを走っていたバンドってものを感じて欲しいです。

昔の曲だからと言って知らないのはもったいないですよ。

 

WANDS 第1期、第2期おススメ楽曲 5曲

とは言え、個人的に絶対外せない5曲を苦渋の決断で選びました。

断腸の思いとはこのことか。

いいなと思ったら他も聞いてみてくださいね。

 

1.もっと強く抱きしめたなら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

当サイト使用テーマ

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる