MENU
カテゴリー
アーカイブ

Twitter企画から見えてきたこと【 結果と反省を報告】

こんにちは、はんぺんです。

ブログとSNSを併用すると良いと聞きますよね?

理由としては、次の2つが挙げられます。

  • 初期のアクセスが無い期間を省略
  • SEOを無視した集客が可能
はんぺん

この辺は別記事でまとめてみます。
now loading…

実は先日Twitter企画を初めて実施しました。

企画の内容としてはこちらのツイートと記事参照ください。

あわせて読みたい
Twitterフォロワーさん700人達成企画やります。 こんにちは。はんぺんです。 なんと先日Twitterのフォロワーさんが700人になりました。 (まさか・・・。こんな物好きが沢山いるとは・・・。)いつもありがとうござい...
はんぺん

割とクセが強い企画でしたが、
参加頂けたのでとてもありがたかったです。

そして、企画を通して改めて感じた事があります。

今回はこの気づきの部分についてまとめていきたいと思います。

この記事を読んでわかる事
  • Twitter企画のメリットとデメリット
  • Twitter企画の結果考察
  • 人に行動してもらう秘訣

それでは早速見ていきましょう。

目次

Twitter企画のメリットとデメリット

Twitter企画のメリット、デメリットは次のようなものがあげられます。

メリット

企画を通して更に認知してもらえる

企画を通して、自分の存在を更に認知してもらう事ができるようになります。

これの何がメリットかというと、今後のツイートやブログを更新した際に

見てもらえる確率が増えるという事です。

自分の露出が増えるとブログのPV数などの数値にも良い影響を与えますので

この辺はメリットと言えるでしょう。

普段かかわらない人とも交流できる

企画をすると、普段あまりかかわらない(いいねのみの人など)人とも交流しやすくなります。

新しい交流はやはり、刺激にもなりますし継続するモチベーションにも繋がります。

よって、この辺も企画をする上でのメリットと言えますね。

フォロワーが増える

これは企画をうまく活用できると爆発的に増やすことが期待できます。

今回の結果でいうと、

企画開始前企画開始後
フォロワー数715人736人
Twitter企画前後でのフォロワー数の変化

と微増でした。

しかしながら何かのアクションを起こす時は今まで接点が無かった人にも伝わる可能性が高いです。

そしてフォロワー数が増えると、単純に自分の発信を受け取る母数が増えます。

また、権威性といったところにも繋がりますからこの辺はメリットと言えるでしょう。

デメリット

企画内容によるが対応に時間がかかる

逆にTwitter企画のデメリットとしては、企画内容にもよりますが

対応に時間がかかってしまうという事です。

そのため、取れる時間と参加者数と自分のキャパシティを事前にシミュレーションしておくことが必要になります。

仮に想定以上の参加者が集まったときを考えてください。

企画対応だけで自分の作業時間を確保できなかった。

なんてことが起こり得るかもしれませんよね。

もちろん、真摯に対応する必要はあるかもしれませんが、

自分の作業時間あっての企画です。

なので、そこをはき違えないようにしましょう。

Twitter企画を実施した結果

今回は、次の2つを試しました。

記事紹介

ネタ提供してもらって記事を書く

結果は以下の通りです。

hanpenmaru Twitterより

企画参加者数

記事紹介参加者数 14名

ネタ提供参加者数 6名(うち、記事紹介にも参加頂いた方3名)

総勢17名の方に参加頂くことができました。

これは自分にとっては意外な数字でした。

もっと少ないかなと思っていたからです。

(予想は合計で10名行くか行かないかくらい)

理由:企画参加までのステップが多いから

今回はあえて手順が複雑な企画を考案しています。

①の記事紹介の場合

ツイート見る→ブログ見る→リプ→ブログリンク添付

②のネタ提供の場合

ツイート見る→ブログ見る→提案するネタの考案→リプ

最低でも4から5ステップ必要になってきます。

これだけ行動ステップを増やすと、参加までのハードルが高くなってしまうので

参加数はかなり絞られるだろうと予測していました。

実際、いいね54でリプがあったのがその内約4割の23でした。

またリプの中から企画参加が17名ですので、約3割まで減少しています。

よくぞこのハードルを乗り越えて参加してくれましたね。

はんぺん

ありがとうございます。

Twitter企画を通して気づいた事3つ

さて、先ほどの結果から考察してみました。

そして、だいたい次の3つの事が言えます。

気づいたこと3つ
  • 簡単なものほど人は動く
  • メリットがあると人は動く
  • 仲良しさんはめんどくさくても参加してくれる

1つずつ見ていきましょう。

簡単なものほど人は動く

おそらくですけど、企画参加の条件が”いいね”だけであればもっと参加者が増えたと思います。

なぜなら、1ステップで終了だからです。

”いいねで1PVゲット”って言われたらいいねしちゃいますもんね。

参加のハードルが低ければ低いほど行動してもらいやすくなりますよ。

メリットがあると人は動く

さて、今回の企画はあえてめんどくさくしています。

その代わりに自分がブログを最低でも1記事は見る、そしてツイートで紹介する。

もしくはブログで紹介しますという事を提示しています。

多少のメリットに働いてくれた成果が参加者の増加に繋がったと考えています。

仲良しさんは多少めんどくさくても参加してくれる

誇張して極端な言い方をすると、

”自分のファン”は多少めんどくさかろうが参加してくれます。

今回も仲良くして頂いてる方は軒並み無条件で参加して頂いた気がします。

はんぺん

本当にありがとうございました。

いずれにせよ、提案した企画どちらにも参加いただけたので勝手に大成功と思っています。

Twitter企画で見えてきた人を動かす秘訣

人に動いてもらう事は容易ではありません。

しかし、次の事を意識することで多少は動いてもらいやすくなります。

行動ステップを極力省く

やってもらう事を極力省くことで、これなら簡単かなと持ってもらいやすくなります。

基本、人は読みたくないし、行動したくないんですね。

次のA、Bのうちどちらの方が動いてくれそうだと思いますか?

”いいね”だけで参加できます。

圧倒的にAでしょうね。

ただし、簡単すぎるとその場限りにもなりやすいので

この辺はバランスが難しいですが、とことん楽にすると反応がよいのは間違いないです。

まとめ

今回は初めて実施したTwitter企画から見えてきたことをまとめてみました。

とにかく人を動かすには行動ステップを減らすこと。これにつきます。

行動を促すために1つでもステップを減らせるように考えると、

行動を促しやすくなりますよ。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

当サイト使用テーマ

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる