MENU
カテゴリー
アーカイブ

【TOEIC】30代後半からスコア600を目指す理由

悩んでいる人
悩んでいる人

会社の昇格要件にTOEICのスコア取得が必須条件になっています。以前までは基準スコアが350点とだいぶ緩かったのですが、近年のグローバル化にともない470点に上がりました。20代のころに取ったスコアでは足りないため、スコアの取り直しが必要です。しかしながら今後さらに基準が上がる話も聞いており、最低でもどのくらいを目標にしたらいいのでしょうか。また、短期間で効率よく勉強できる方法があれば知りたいです。

 

このように会社の昇格要件にTOEICのスコアが要求されている所は多いと思います。

実際、自分の会社もそうで、近年基準スコアがあがってしまいました。

30代後半に差し掛かった自分も数年後に昇格試験の土俵にあがるチャンスがありますが、TOEICのスコアが足りないためスコア取り直しが必須な状態です。

そこで今回は今後もスコア基準が改定されることを前提に、何点を目指す必要があるのか?とその勉強方法についてまとめてみました。

目次

目標とすべきスコアは600点

まず目標とすべきスコアは600点です。

それは何故か?理由は以下の2つになります。

・世間一般的にある程度の英語知識を持っているとみなされるレベルだから

・一般的な企業の資格要件の得点になっているから

具体的に説明していきますね。

世間一般的にある程度の英語知識を持っているとみなされるレベル

2020年1月に開催された第247回TOEIC L&Rテストの平均点は581.2点です(TOEIC公式 平均スコア詳細より)。どの回も平均点は570〜580点前後で推移しています。

つまり、600点とはこの平均値より少し高いレベルです。

ましてや、TOEICの平均点はほとんどが日常的に英語を勉強して受験されている方たちの平均です。

そのため、

TOEIC平均点より少し高い=英語できるレベル

とみなすことができます。

よって、TOEIC600点を取得することはある程度の英語のスキルを持っているという証明になります。

 

一般的な企業の資格要件の得点になっている

TOEICはリスニング、リーディングで各495点満点の計990点の試験です。

その中でTOEIC600点の資格基準は「日常生活のニーズを充足し限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」レベルです(正確にはTOEIC470点以上の場合)。

つまり、英語の必要スキルの最低限は確保しているとみなされます。

よって、600点をもっていればほとんどの企業ではスキルを持っているとして評価してくれるでしょう。

また、これらを加味して昇格試験の受験資格としてTOEIC600点を設定している企業も多いです。そのため、TOEIC600点をクリアしておけば後々楽になりますね。

自分の場合も会社が後々このスコアに設定してくるだろうことを見越して、それならば少しでも早い段階で取得してしまおうと考えました。

※現在ひーひー言いながら勉強を進めています。(20年11月8日現在)

 

30代後半からのTOEICの勉強の進め方

さて、30代後半ともなると仕事もプライベートも忙しい時期ではないでしょうか?

そうなるとまとまった勉強時間を確保するのも中々難しいかもしれませんね。

ではどのように勉強を進めて行くべきか?

それはずばり、通勤時間、昼休み、寝る前のわずかな時間などの隙間時間をうまく有効活用していくことがカギになってくると思います。

そこでこの隙間時間を有効活用する勉強法についてご紹介していきます。

勉強の前に目標を立てる

まず何でもそうですが、やる事の目標が決まっていないといつまでもダラダラと進めてしまい、結局未達成で終わる事が多いです。

そのため、目標は必ず設定しましょうね。

目標としてはTOEIC600点の内訳をどうするかまで設定しました。

何故なら、これをすることで取り組むべきpartの重点度合いが変化してくるからです。

色々とテキストを読んでいくと「リスニングの方が得点しやすい」との記載があったため、次のような比率で目標設定しました。

リスニング:330点、リーディング:270点

リスニングを重点にしつつ、リーディングでも簡単な分野は確実に得点していくという感じですね。

・・・まぁ、ただ正直そこまでのレベルでさえないので高い目標に変わりありませんが、継続していくことで見える世界が変わったりするので頑張りたいと思います。

※結果が出始めたら勉強方法の詳細記事をまとめたいと思います。

アプリを活用【隙間時間の有効活用】

まとまった時間確保が難しいので、アプリを活用します。

特に活用しているアプリをご紹介します。

スタディサプリ

特におススメのアプリが【スタディサプリ ENGLISH】になります。

こちらのいいところは

勉強の進捗管理ができる

いつでもどこでも取り組める

自分の得意分野・苦手分野がわかる

といったところがあげられます。

他のテキストももちろん使っていますが、

一番お手軽に使用できるのでおススメです。

現在は7日間無料でお試しできますので、お試し後に導入を検討されては如何でしょうか?

自分は導入してから隙間時間を有効活用できているので、学習効率が爆上げしています!

まとめ

今回は30代後半から600点を目指す理由と、現在の勉強方法についてご紹介しました。

簡単にまとめます

600点を目指す理由

・後々の昇格試験基準を満たしておくため

・スキルとして認知してもらいたいため

勉強法について

・目標の細分化

・アプリ活用による隙間時間の有効活用

それでは皆さん、頑張っていきましょう。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

当サイト使用テーマ

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる