MENU
カテゴリー
アーカイブ

【梅干し好きが贈る】超おススメな梅干しのお菓子7選をご紹介します

こんにちは、はんぺんです。

突然ですが、私、梅干しが大好きです。

割とずっと食べていられるくらい、大好きです。

そして世の中には梅干しのお菓子もたくさん溢れていますよね。

はんぺん

だが、しかーし!梅干しのお菓子になると、何故甘くなるのだ。
いらんのだ、そんな甘さは。すっぱさ、しょっぱさがあればいいのだよ。

そんな塩辛い梅干し好きに贈る、ガチな梅干しお菓子を7つ厳選して紹介します。

※最初に忠告しておきます※

ここで紹介する梅干しのお菓子は、梅干しを求めてやまない人向けです。

あまり得意でない方が興味本位で口にすると火傷しますので注意しましょう。

目次

【ガチ中のガチ】 アサヒフードアンドヘルスケア 梅干し純

これは最初食べたとき衝撃でした。

タブレット状にフリーズドライで固めたガチの梅干しです。

会社の熱中症対策として配られて初めて口にしたんですが、それ以来虜になっています。

周囲が誰も食べないので、もらいまくりました。

ちょっとしたときに口に入れて楽しんでます。

【これぞ求めていた味】 ノーベル製菓 ねりり梅ねり

さすがノーベル分かってる。軟弱な梅干しのお菓子など要らん。

その要求にみごとにマッチしたお菓子です。

ソフトキャンディなんですが、

まぁこれが梅干しのしょっぱさやすっぱさを見事に再現しています。

一つかみしめる毎にあふれ出る酸味。そして口に広がるしょっぱさ。

しょっぱすぎるだけでもすっぱすぎるだけでも成り立たなくなる

ギリギリのラインを見事に攻めてくる。

梅干し好きにはたまらない一品です。

【梅干し好きだからこそわかる】 ノーベル製菓 梅干しの種飴

またまたやってくれたな、ノーベル。

どこまで梅干し好きのニーズを捉えて離さないのか

梅干しだけでは飽き足らず、今度は種まで再現したというのだ。

これは控えめに言っても神。

なぜなら、梅干しの種を舐め続けた梅干し好きにしかわからない

あのマイルドな酸味が見事に表現されているからだ。

ただの酸っぱいではない。うまみ成分がより析出した酸味がここに凝縮されています。

これはハマってしまう。。。

【時代が追いついた】 ノーベル製菓 男梅ほし梅

ノーベル。。。恐ろしい子。。。

もはや梅干しといったらノーベルなのかというくらい、ニーズを満たし続けている。

干し梅のお菓子も甘さが強いものが目立つ中、

これは一切の妥協を許さずにただただしょっぱいしょっぱい中に梅のうまみが見え隠れする

いいじゃないか。その攻撃的な姿勢。

その姿勢に梅干し好きは陥落し続けているのだから。

ちなみにお菓子ではないですが、我が家の食卓にも進出してきています。

【ご飯のお供】大森屋 男梅ふりかけ

これだけでご飯がいける。

たまらない酸っぱさがご飯を進めます。

【ハードな噛み心地】 UHA味覚糖 忍者めし 梅かつお味

梅かつお味という、マイルドな梅干しに手を出したUHA味覚糖。

得てして、梅のグミというものはただの梅風味の甘い菓子に成り下がるんですが

これは違いました。

上手に梅かつおのマイルドなうまみ成分を持たせた梅のハードグミです。

梅のグミで初めて認めたと言っても過言ではないお菓子です。

舐めても良し、噛んでもよし。

非常にバランスの取れた梅のお菓子です。

【知ってる人は知ってる】 村岡食品 チョロギ

梅干しとはちょっと違いますが、カリカリ梅のようなシャキシャキ触感が味わえます。

見た目は完全にあれです。

しかし、騙されたと思って食べてみてくださいよ。

止まらなくなるで。

カリカリとした触感に梅の味がしっかりと乗ってきます。

【たまらないマイルドさ】 なとり 梅スッキリ

これも梅好きにはたまらないですよね。

乾燥した梅干しの果肉が種の周りについており、口の中でじっくり柔らかくしていきます。

その途中でしみだしてくるうまみ成分が何とも言えないおいしさです。

そして何と言っても種についていますから、

種から果肉をはがす瞬間の爆発的なおいしさがコアなファンを惹きつけて離しません。

入っている数が少ないですが、種付きの干し梅の味わいはたまりませんよ。

まとめ

梅干し好きが贈る、梅干しのお菓子を厳選して紹介しました。

梅干し好きには納得してもらえる品々かと。

ですが、梅干しがあまり好きでない方は自己責任でお試しください。

ちょっとしたときのお供に是非どうぞ。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

当サイト使用テーマ

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる