MENU
カテゴリー
アーカイブ

女子はフェアリー、それでは男子は?経験者が語る男子新体操の魅力

新体操っていうと、だいたい女子のリボンやフラフープを思い浮かべる人が多いと思います。

そんな新体操に男子があるってご存知ですか?

レオタードを着たおっさんを想像したそこのあなた!

それはただの変態です。

普通にちゃんとした競技として存在してますよ!

男子の新体操って馴染みがないと思います。

ですが、男子ならではの魅力があるんです。

疑問を持つ人

なんでお前がそんな事言えるんだ?

はんぺん

実は中学校の時に男子新体操をクラブ活動でやっておりました。

そこで今回は、男子新体操の魅力について経験者が紹介していきたいと思います。

興味湧いたら是非動画見てみて下さい!

目次

男子新体操

男子にもあるんですよ、新体操。

新体操のイメージは女子がリボンやボール、フラフープを使って演技している

鮮やかなイメージがあると思います。

一方の男子新体操は、「柔軟性の中に迫力が存在する」競技です。

とは言っても、こちらはなかなかイメージが浮かばないかもしれませんね。

そこで、一つずつ魅力をご紹介していきたいと思います。

女子と男子の違い

女子の場合、道具を使用して柔軟性、表現力、を主に競技で見せていきます。

一方の男子の場合、大きく異なるのは”タンブリング”というアクロバットが演技の中に含まれることです。

このアクロバットが男子新体操に迫力をもたらしています。

この柔軟性とアクロバットの迫力が男子新体操の醍醐味ですね。

そして、男子新体操にも個人競技、団体競技があります。

それぞれに魅力がありますので、紹介していきますね。

男子新体操の魅力① 個人競技

男子の個人は女子と同様に、道具を使い、音楽に合わせて演技します。

(体操と違うところは器具を使わないところと、音楽がある事ですね)

演技時間は大体、1分~1分半です。

女子が使用する道具

女子の場合は、割と想像つくと思います。

ボール

リボン

フラフープ

クラブ

(クラブがちょっと知らない人いるかもしれませんね)

ロープ

凄い鮮やかで華やかですよね。

男子が使用する道具

これが男子の場合だと何を使うのか?

スティック

リング

ロープ

クラブ

の4つです。

この道具を使って演技するんですけど、

頭おかしいのはこれを持ちながらタンブリング(アクロバット)するんですね。

実際の演技を見てもらった方が早いのでこちらの映像をどうぞ。

如何ですか?

アクロバット、凄かったと思います。

そして、何気に道具の手技にも驚かれた方もいるのではないでしょうか?

この道具の手技にもスピードがあり、柔らかさの中に迫力を生み出しています。

また、演技構成上で緩急を使いますので、動と静のコントラストに引き込まれますね。

この辺は見ていて心奪われるポイントです。

ちなみに、自分はこの中ならスティックが1番得意でした。

演技中に投げた棒を見失って頭に落ちて、ドリフみたいになったのはいい思い出です。

はんぺん

(家の中で振り回して愛用湯飲み割ったの思い出したわ…)

男子新体操の魅力② 団体競技

団体は4人から6人で演技を行います。

道具は使わず、演技は徒手とアクロバットで構成され、

演技時間は4分~4分半です。

団体競技は知らない人がみても面白いです。

なので、初めて見るという方は団体競技から見ることをおススメします。

団体の何が面白いのか?

具体的に言うと次の3点です。

  1. 全員の動きのシンクロ具合
  2. 隊列の変化
  3. アクロバットによるクロス

①全員の動きのシンクロ具合

団体競技ですから、全員の動きがシンクロしているほど高得点になります。

途中ラジオ体操のような動きが入りますが、あれは徒手(としゅ)と言って、

演技構成上絶対に必要な動きなんですね。

こういった動きのシンクロから、

アクロバットまでシンクロしているのを見たらきっと心奪われますよ。

やはり人間美しいものに心惹かれます。

シンクロしているというものは団体競技の魅力ですね。

②隊列の変化

団体ですから、キレイな隊列が組まれながら演技が進んでいきます。

演技の中でどんどん隊列が変化していく様を一度注目してみていただきたい。

キレイに整った隊列変形って見ててすごく気持ちいいです。

男子新体操団体の魅力の1つですね。

③アクロバットによるクロス

団体競技では男子は道具は使いません。その代わりにアクロバットがあります。

アクロバットのクロスというのは、男子新体操団体の一番の見せ場です。

正方形の演技する床の対角にメンバーが陣取り、メンバーが対面でアクロバットしながら交差していく事をいいます。

アクロバットしながら交差するので、ぶつからないか?の緊張感と

大技が交差しながら演技される迫力さで、興奮が一気に最高潮に到達します。

知らない人が見ても「おーっ」っと思う事間違いなしです。

ちなみに、経験者の立場から言わせてもらうと、めっちゃ怖いです。

はんぺん

何回かぶつかったしな。

自分は2番目くらいに突っ込んでいたので、微妙な高さで技決めるのが難しかったですね。

低過ぎると下の選手にぶつかるし、高さつけ過ぎると後の選手にぶつかっちゃうし。

逆もまたしかりで、全体を見ながらやらなきゃいけないので意外と大変なんです。

それに、4分から4分半の演技の中で終盤に来るから体力的にめっちゃキツいんですよ。

演技みてるとみんな簡単そうにやってるなと思うかもしれませんが、

常に全力疾走しているイメージです。

ようやってたなと自分で自分を褒めたいです。

1番の思い出は、1人だけ演技間違えてアドリブかましてしまったこと。

先生には笑いながらぶっ飛ばされましたね。

男子新体操の魅力③ 応援

これは凄くマニアックなんですけど応援も魅力です。

演技開始前、終了後の応援はわりと皆さん気づくかと思います。

注目してほしいのは、演技途中の掛け声です。

これって大体大技や見せ場の直前にかかります。

その為、初めて見る時は演技中の応援に注目しておくと

構成上重要なポイントを直前に知る事ができます。

そして、見せ場前に仲間を鼓舞する応援ってなんか感動してしまうんですよね。

自分が動画を見ているとたまらなくなるポイントなので、

一度気にしてみてください。

また一つ見る目が変わりますよ。

最後におススメの演技ご紹介

最後に、これを見たら魅力が伝わるなという演技をご紹介します。

有名どころの鹿児島実業高校

既に多くのメディアで取り上げられているので、ご存じの方いらっしゃるかもしれませんね。

鹿児島実業高校の男子新体操部です。

コミカルながらも完成度の高い団体演技に仕上がっていて、楽しめる演技構成になっています。

ただのコミカルだけだとここまで取り上げられません。

真面目にコミカルに完成度高く仕上げているのでここまで有名になっているのです。

面白いだけじゃない演技はこちらを確認してくださいね。

息を飲む美しさ 青森大学

これこそ男子新体操団体最高峰の演技です。

もう語ることはありません。見てください。

まとめ

今回は男子新体操というあまり馴染みのないテーマを取り上げてみました。

知らないだけに魅力がたくさんつまった競技です。

本記事で魅力が一部でも伝わったら嬉しいですね。

知れば知るほど面白い、男子新体操をチェックしてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる