MENU
カテゴリー
アーカイブ

【QC検定】知って得する電卓の便利機能!賢く使って時間短縮

悩んでいる人
悩んでいる人

会社からQC検定を受けるように言われて勉強中です。ただ、計算問題が多く、電卓を使っても問題を解くのに時間がかかっています。このままだと、本番で時間がかかりすぎて焦ってしまいそうです。何か時間短縮する方法はないでしょうか?

 

このように会社からQC検定を受験するように言われて勉強されている方は多いと思います。

QC検定は特に品質管理の手法(計算問題)の分量が多く、時間を取られがちです。

解き方がわかっているのに時間がかかって最後まで解答できなかったというのが一番悔しいですよね。

そこで今回は少しでも時間短縮するために電卓の便利機能をご紹介します。

活用して有利に試験を進めて行きましょう。

目次

電卓の便利機能3選

ではさっそく便利機能についてご紹介していきます。

知っておくべき便利機能は次の3つです。

二乗計算

メモリー機能

集計機能

ではひとつずつ説明していきます。

 

二乗計算

二乗計算とは例えば2×2=4のように同じ数字を2回かける計算の事です。

通常電卓では [2][×][2][=]のように4回押すと思いますが、

[2][×][=] を押すだけで計算できます。これだけでも1回短縮できます。

実際の試験問題だと2桁、3桁の数字を二乗することになるので、この機能を覚えておくだけで相当な時間短縮になります。

二乗計算は 数字 × = でOK。と覚えておきましょう。

メモリ機能 M+、M‐、RM/CM

メモリ機能は非常に便利なので覚えておいてください。

まず、メモリ機能について説明していきます。

メモリ機能とは計算結果や数値を一時保存しておく機能の事です。

これを活用することでいちいち1つの計算結果を紙に書き出しすという事がなくなります。

ボタン名称機能
M+メモリープラスキー入力値や計算結果をメモリーに足す
M-メモリーマイナスキー入力値や計算結果をメモリーから引く
RM/CMリコールメモリーキー/クリアーメモリーキー1回押すと記憶した数値を表示する2回押すと記憶した数値を消去する

電卓により、RM/CMがMRCだったり、MR、MCだったりしますが、機能は同じです。

実際に次の様な計算問題を解きながら使い方を覚えていきましょう。

(25×5)+(5.8×2)-(225÷5)= ?

メモリー機能を知らない場合、次のように1つずつ計算していくことになります。

25×5=125・・・①

5.8×2=11.6・・・②

225÷5=45・・・③

①~③の答えをメモして、次のように最後にそれぞれを計算しますよね。

① + ② ‐ ③ = 125+11.6‐45=91.6

これをメモリーキーを使うと電卓上で計算が完結します。

次のように電卓に打ち込んでみてください。

[25][×][5][M+][5.8][×][2][M+][225][÷][5][M-][RM]

どうですか?同じ結果が出てきましたよね?

今は適当に作った例題なので、計算としては非常に簡単ですが、実際の問題の場合、3桁や4桁の計算が普通に出てきます。

その場合にこの機能を知っていると打ち込む回数が極端に減りますし、電卓上で完結できるので覚えておきましょう。

集計機能 GT

GTとはグランドトータルの事で、機能的には各計算結果の合計を表示します。

つまり、=を押して出した計算結果の合計を表示する機能です。

例えば、次のような問題があったとしましょう。

問、AとBの平均の合計を求めましょう。

A :1、2、3

B :4、5、6、7、8

何も知らない場合は次のようにそれぞれ計算すると思います。

①Aの平均 (1+2+3)÷3=2

②Bの平均 (4+5+6+7+8)÷5=6

③A+B=2+6=8

これをGT機能を使うと次のようになります。

①の計算で=を押す。次に②の計算で=を押す。GTボタンを押す。

①と②の計算の合計が表示される。

これも非常に便利な機能なので是非覚えておきましょう。

GTは計算結果の合計を表示する。

QC検定の問題で機能実践!

紹介してきた機能を実際の問題で実践してみましょう。

例えば次のような数値が多く、ごちゃごちゃしそうな問題で実践してみます。

問:  Sxx=298.52、Syy=435.50、Sxy=271.26のとき相関係数rを求めましょう。

(出典:1回で合格!QC検定実践問題集 2級より)

公式  r=Sxy÷(√Sxx × Syy)

次のように打ち込むと答えが出てきます。

[298.52][×][435.5][=][√][M+][271.26][÷][RM][=]

答えは0.75(四捨五入)になります。

いかがでしょうか?

機能を知っていればいちいち計算した結果をメモする手間が省けて

だいぶ楽に計算できる事が体感できたのではないでしょうか?

もちろん慣れるまではやりにくさ等もあるかもしれません。

しかしながら、慣れてしまえばこちらの方が簡単で早いです。

そして、ボタンを打つ回数も格段に減るので打ち間違いが少なくなります。

勉強中に練習して使いこなせるようにしてみてください。

電卓の便利機能を使うべき2つの理由

電卓の便利機能を使うべき理由は以下の2つです。

時間の短縮

計算ミスが少なくなる

一つ目は時間短縮

便利機能を知っていると、

一つずつの計算結果をメモする。リセットして別の計算をする。メモする。…

と言った作業を電卓上でできるようになります。

また、入力回数も減らす事ができるので確実に時間短縮につながります。

二つ目は計算ミスが少なくなる

こちらも便利機能を知っていると、一括で電卓上で計算できるので入力回数が減ります。

その分打ち間違い等のミスも減らす事ができます。

また、時間短縮が精神的な余裕を生み出すので確実性があがります。

慣れるまでは多少混乱するかも知れませんが、確実に知っておいた方がメリットが大きいです。

おススメ電卓

では実際にはどのような電卓を使えば良いでしょうか?

ここでは自分の経験からご紹介していきます。

ちなみに自分が使用した電卓はこちらです。

 

おススメポイント

大きくて数字を打ちやすい。

12桁表示。

00ボタンがある。

 

友人が使っていてよさそうだったのはコチラです。

 

おススメポイント

表示板の角度が変えられるので見やすい。

12桁表示。

デザインが格好いい。

00ボタンがある。

 

電卓は大きめサイズがおススメ

まず電卓のサイズですが、大きめのサイズをおススメしたいです。

理由は大きいと見やすい、打ち込みやすいので間違いにくいからです。

ポケットサイズの電卓でも構いませんが、小さいとボタンの感覚が狭く結構打ち間違いが多くなりました。

試験は時間との勝負なので、電卓計算にミスで時間を取られてしまっては意味がないので、大きいサイズのものをおススメします。

電卓はQC検定においてはマストアイテムなので、試験に備える意味でも見やすくて使いやすい電卓を準備しておくと良いですね。

おまけ【電卓の失敗事例】

最後に電卓について自分の失敗事例をご紹介します。

みなさんは是非反面教師にして、時間の有効活用に努めてくださいね。

勉強中に関数電卓を使用していた

もうすでに知っているかもしれませんが、QC検定では関数電卓は使えません

先ほど紹介したような四則演算、√、などが計算できる電卓のみが使用可能です。

そのため、絶対に勉強中は本番と同様の電卓で勉強してください。

自分は勉強中に関数電卓を使用しており、本番近くなってから電卓を購入して過去問を解いたりしていました。

また、その当時は今回ご紹介したような機能もあまり使いこなせておらず、

関数電卓の便利機能ばかり使っていたので、実際の試験で計算にやたらと時間がかかってしまいました。

解き方が分かるのに、電卓の計算で時間を取られると無駄な焦りが出てきます。

結局、自分の場合は試験時間ギリギリで解き終わりましたが、その時思ったのが

「この電卓で最初から勉強しておけばよかったな」

という事です。

皆さんはこのような無駄な事はしないように注意しましょう。

まとめ

今回は知って得する電卓の便利機能についてご紹介してきました。

簡単にまとめます。

使える機能は次の3つ

二乗計算

メモリー機能

集計機能

おススメする理由は次の2つ

時間短縮

打ち間違い低減

おススメする電卓はサイズが大きいもの

これら機能を使いこなして試験を有利に乗り切りましょう。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる