MENU
カテゴリー
アーカイブ

【QC検定】何級から受けるのがオススメなの?

悩んでいる人
悩んでいる人

会社からQC検定を受験する様に言われました。さっそく調べてみたら、どうもQC検定には1級から4級まであるらしい。これって何級から受けるのがいいのかな?何級からでも受けていいのかな?

QC検定は品質管理の知識を問われる試験です。その中でレベル別に1級から4級まで分かれていますが、いまいちレベルが分かりにくいですよね。いきなり難しい級から挑戦しても意味不明で無駄に終わってしまう可能性もあります。そこで、今回は何級から取り組むのが良いかについてまとめました。

 

この記事の信頼性

QC検定2、3級を併願でどちらも1発合格しました。そんな自分の経験をもとにご紹介していきます。

 

目次

何級から受けるのがオススメ?【3級がオススメです】

まず、最初にどの級がいいかについてお伝えします。

特にこだわりや業務上の必要性がなければ、QC検定3級からの受験がオススメです。

理由は3つあります。

品質管理の知識が網羅的に学べる。

ちょうど良い難易度(勉強すれば受かる)

一般的に企業推奨の取得級である。

一つずつ具体的に説明していきますね。

 

品質管理の知識が網羅的に学べる

QC検定3級は基礎的な内容から実践的な知識まで学ぶことができます。

 

具体的には、データの取り方、まとめ方、解析の仕方、データの意味するところ、品質管理の考え方、運用についてなどなどです。

 

これらは品質管理だけでなく、業務改善を進める際にも活用できる基本的な手法になります。

 

そのため、身につけておくと効率よくデータ収集できたり、身につけた手法で解析して問題解決の糸口を見つけたりできます。

 

こういった知識は後の業務でも十分に役立つスキルとなり得ますので3級取得を目指してみてください。

 

ちょうど良い難易度(勉強すれば受かる)

次のおススメポイントですが、QC検定3級の難易度が絶妙なくらいちょうどいい事です。

 

絶妙なくらいちょうどいいとはどういう事か?

 

QC検定3級は合格率が50%程度の試験なので、勉強すれば受かるし、勉強しなければ落ちるという事がはっきりと分かれる試験という事です。

 

こういった資格試験の良いところは資格が手に入ることはもちろんのこと、勉強したことによる自己肯定感を得やすいという所が非常に大きいと思います。

  

QC検定4級の場合でいうと、

難易度が簡単すぎて頑張ったけど受かって当たり前みたいになってしまうため、

自己肯定感が上がりにくいという現象が起きます。

  

逆にQC検定1級、2級をいきなり受験する場合、難しすぎて最後まで頑張れない、挫折してしまうという危険性があります。

つまり、挫折することによる自己嫌悪感が発生しやすいというリスクがあります。

しかしながら、QC検定3級は勉強すれば合格圏内が見えてくる試験です。

なので、この少なくとも勉強する必要性がある事にとても意味があると思っています。

 

勉強をして試験に合格するとまず間違いなく自己肯定感があがります

 

「俺、結構やるじゃん!」

 

てな具合です。

 

この経験って実は人生上とても大事だと思っています。

例えば、この経験から何か壁にぶち当たったとき、

「あの時頑張れてたよな、だからあの時くらいは頑張れるよな」

っていう考え方ができるようになってくるんですね。

 

こういう成功体験はいくつあっても人生においてプラスに働くので、

いくつも作っておくといいですよね。

 

以下の記事にも受験することのメリットをまとめていますので参考によかったらどうぞ。

あわせて読みたい
QC検定取得のメリット・デメリットは?【メリットの方が大きいです】 このように会社からQC検定を受験するように言われた人は多いかと思います。 そのさい、やっぱり考えてしまうのは何かしらメリットがあるのか?という事ですよね。 そこ...

よって、頑張れば合格に手が届く難易度であるQC検定3級から取り掛かるのがおススメです。

 

一般的に企業推奨の取得級である

QC検定3級は一般的に企業推奨の取得級になってきています。

 

どの企業でも品質管理は実施されており、この品質管理を実施する為にはそこで働く人の知識・意識・能力が必要となってきます。

 

その中でこのQC検定3級は品質管理において基礎から実践といった位置づけであり、こちらを取得すれば基本的な品質管理の知識は身につけているという事が言えます。

 

つまり、言い換えれば企業が品質管理を実施するのに必要最低限の知識を持っているという事になります。

 

また、日本規格協会もQC検定3級の対象者を次のように位置付けています。

業種・業態にかかわらず自分たちの職場の問題解決を行う全社員

日本規格協会より

つまり、日ごろ発生する業務の問題に対して、QC手法を用いて解決できる人材育成を目的として取得を推奨する企業も多いという事です。

 

そういった企業ではこのQC検定を昇格要件にする可能性もあります。

 

そのため、まずはQC検定3級から取得を目指すことをおススメします。

 

【補足】QC検定って何級から受けられるの?

補足としてQC検定は何級から受験可能か?についてお伝えしておきます。

 

QC検定は何級からでも受験可能です。

 

そのため、いきなり最上級の1級を目指しても構わないし、受験資格もいりません。

 

ただし、受かるためには相当な専門知識がいるのでオススメはしません。

 

また、QC検定は併願ができますので、3級は絶対取るとして、上位級の2級にもチャレンジしたい!という方には併願がオススメです。以下の記事で紹介していますので、興味ある方はご確認ください。

あわせて読みたい
QC検定申し込み方法は?受験料少しでもお得な方法ある? 会社からQC検定の受験するように言われたけど、どうやって申込むのかな?受験料ってどんなもんだろう?少しでもお得になる方法あるのかな? 会社からQC検定を受験するよ...

まとめ

今回は何級から受験すれば良いか?についてお伝えしてきました。

最後に簡単にまとめます。

3つの理由からQC検定3級がオススメ

1.品質管理の知識が網羅的に学べる。

2.ちょうど良い難易度(勉強すれば受かる)

3.一般的に企業推奨の取得級である。

皆様の受験の際の参考になれば幸いです。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる