MENU
カテゴリー
アーカイブ

贈り物におススメ|子供(1~3歳児)が爆笑するおもちゃをご紹介

いきなりですが、小さい子供ってかわいいですよね?

いや、言い方を変えます。自分の子や兄弟の子はとても可愛いですよね。

ちょっと想像してみてください。

 

そんな子が自分がプレゼントしたおもちゃで爆笑しながら遊んでいる姿を。

自分があげたおもちゃが一番のお気に入りでずっと遊んでいる姿を。

 

ものすごく嬉しくないですか?

覚えたての言葉で「ありがとう」なんて言われた日にゃ、1日にやにやで過ごせますね。

小さい子の笑顔、言葉にはそのくらいのパワーがあります。

 

その笑顔を引き出すおもちゃがわかっているとしたら、知りたくないですか?

 

 

そこで今回は子供(1~3歳児)が思わず爆笑してしまうとっておきのおもちゃをご紹介します。

贈り物を考える際の参考にしてもらえればと思います。

 

 

この記事で分かる事

・1歳~3歳と幅広く受け入れられるおもちゃ

・子供の爆笑が引き出せるおもちゃ

・贈って幸せになれるおもちゃ

 

この記事を書いている人

30代 2児の父(3歳児 ♂、1歳児 ♂)

※21年3月17日現在

親バカが誉め言葉と思っているほどの親バカ。

息子の反応が楽しい、良かったおもちゃについて紹介していきます。

 

目次

子供(1~3歳児)が爆笑するおもちゃ

それでは早速ご紹介します。

こちらです。

アンパンマン つかまえて♪ころぴょん アンパンマン

どういうおもちゃか?

見てもらった方が早いのでこちらの動画をどうぞ。

華麗に床を跳ね回るアンパンマン氏

どうですか?

アンパンマンの丸いフォルムでテーマを流しながらぴょんぴょん飛び跳ねます。

ただそれだけなんですが、床をぴょんぴょん飛び跳ねる様は非常にコミカルです。

 

贈って楽しい子供の反応

さて、肝心の子供の反応はどうでしょうか?

実際に贈り物として試してみました。

それはそれは楽しそうに爆笑です。

何を隠そう、このおもちゃは子供に受け入れられる5つの要素を持っているのです。

 

受け入れられる5つの要素

  • 小さい子供のアイドルというべきアンパンマン
  • 親しみやすい丸いフォルム
  • 楽しい音楽
  • ぴょんぴょん跳ね回る
  • 手にもつとぶるぶると震える

実際にどういう事か、こちらの動画でご覧ください。

手ぶれ補正

 

まだアンパンマンを認知していない1歳児になりたての時ですら、興味津々でした。

 

1歳児は丸いフォルムが音楽とともに振動している様を楽しみ、

3歳児はアンパンマンが床をぴょんぴょん跳ね回って逃げていく様を楽しんでいます。

まるで生きているかのような挙動に爆笑です。

 

一生懸命追いかけて一緒に飛び跳ねている様は見ている大人側がとても楽しくなりますよ。

 

遊び方のアレンジ

床に放り投げるだけが全てじゃありません。

子供ながらに遊び方をアレンジし始めます。

振動による声遊び

ぶるぶる振動する特性を活かし、胸にあて発声します。

すると、

こども

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーーー」

自分の声が振動する様を楽しんでいます

扇風機に向けて「あーーーーー」と発声して声を変化させて遊んだ事ありませんか?

これと同じことをアンパンマンボールで実践しています。

 

一生懸命ぶるぶる震えるアンパンマンボールを持ちながら発声している様は、とてもかわいいですよ。

 

服の中に入れて振動を楽しむ

いつものように遊んでいた息子ですが、おもむろに洋服の中に入れ始めました。

そして、間髪入れずアンパンマンボールをたたき、ぶるぶると振動させたではありませんか。

洋服の中がぶるぶるしている様を得意げに見せつけてきます。

小さいからだが振動しているだけでも面白いのに、それにプラスして満面の笑みとどや顔です。

わが子のそんな姿を想像してみてください。

あぁ、幸せですね。

子供も幸せ、親も幸せ

そんなおもちゃです。

 

電池切れまで楽しめる

このおもちゃの一番の爆笑ポイントです

元気に跳ね回っていたアンパンマンが、電池というエネルギーの消耗により面白い現象が発生します。

音楽のやる気がなくなる事で、音程が不安定になります。

ぶるぶるも弱く、やる気のないアンパンマンの出来上がりです。

実際にご覧いただいた方が伝わりやすいかと思いますのでこちらをご覧ください。

お腹がすいて力がでないマン

 

この音程の不安定さが何とも子供ごごろに突き刺さるみたいで、爆笑しながら何度も何度も遊んでいます

ふいにやられると大人でも笑ってしまう、恐ろしいおもちゃです。

 

残念な点

ここまでは面白い、おススメポイントについてご紹介しました。

当然、使っていると残念な点もありますのでそこについても言及しておきます。

電池交換が大変

電池交換が大変です。

単4電池3本使用して、ぴょんぴょんさせています。

アンパンマンの中に電池ホルダーと駆動部が入っており、丸型カバーでおおわれています。

この丸型カバーは小さいネジ4本で固定されており、電池交換の際はこれを外さなければいけません。

また、カバーを開けると電池を固定しているカバーもあり、こちらもネジ1本で固定されているんですね。

そのため、計5本のネジを外してようやく電池交換が可能となります。

頻度はそこまで高くないかもしれませんが、一回一回取り外しが必要になるので大変です。

 

 

耐久性

ボールに衝撃を与えると振動するようになっています。

軽い衝撃で十分なんですが、小さい子にはそこの制御はききません。

起動させようとして思いっきり床に落としたり、投げつけたりします。

アンパンマンのクッションで覆われているとはいえ、全ての衝撃を吸収できるわけではありません

内部カバーの素材がプラスチックなので、衝撃が続くと一部が欠けることがあります。

 

これは自分の場合ですが、電池カバーの細いストッパー部が欠けています。

その為、電池カバーをネジで固定しても浮いてしまう。

そして、何回も使っていると電池が浮いてきて、途中で止まってしまうという状態になってしまいました。

現状、ガムテープでガチガチに固定することで何とか使えています。

使う際にはあまり強い衝撃を与えないように注意した方が良いかもしれません。

 

 

結局親が幸せになる

ただ、冷静になって考えると一番楽しんでいるのは親である自分ではないかと。

子供の反応、おもちゃの挙動、電池切れ直前の音楽・・・

これら全てを楽しめるのは贈り物をした側の特権だと思います。

究極のエゴイストですが、子供の楽しそうな姿をみて自分が幸せになる。

これを求めて贈り物をしてしまうんですね。

どうせなら、極限まで可愛い姿をみれる贈り物をしてみませんか?

 

 

まとめ

今回は子供が爆笑するおもちゃについてご紹介しました。

アンパンマン つかまえて♪ころぴょん アンパンマン

 

子供の所作すべてを言葉で伝えきる語彙力が欲しいところです。

ところが、全てが「かわいい」の一言に集約してしまうのが恐ろしいですね。

みんなわが子、兄弟の子の前ではきっと語彙力不足に陥るはずです。

子育ては大変ですが、こういうところが何物にも代えがたいですよね。

素敵な贈り物の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

当サイト使用テーマ

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる