MENU
カテゴリー
アーカイブ

【子供に贈る絵本】2歳児の反応が楽しい絵本を7冊ご紹介します

2歳児って色んな遊びをしたり、話せる言葉の少しずつ長くなったりと、

成長著しい時期ですよね。

とくに、自分の意思表示がはっきりしてくるので、感情も豊かになります。

それと同時に「イヤイヤ期」もやってきます。

笑ったり、怒ったり、泣いたりと本当に忙しい時期ですよね。

そんな感情豊かな時だからこそ、観察力や想像力がつく時期なんです。

この感情豊かなときを一緒に支えてくれる存在。

それが絵本です。

今まで以上に絵本の楽しみ方が増えて、様々な反応をみせてくれるようになります。

また、忙しいパパ・ママの育児の手助けにもなりますので、子供への贈り物としても最適です。

そこで、今回は数ある絵本の中から、2歳児の反応が楽しい絵本を実体験をもとにご紹介していきます。

お子さんやお孫さんへの贈り物をされる際の参考にしてみてください。

この記事で分かる事

・2歳児の反応が楽しい絵本

・絵本を贈る・買うのに何がおススメか?

 

この記事の信憑性

30代 2児の父(3歳児 ♂、1歳児 ♂)※21年3月10日現在

親バカが誉め言葉と思っているほどの親バカ。

息子の反応が楽しい、良かった本について紹介していきます。

0歳児に見せたい楽しい絵本はこちらにまとめています。

1歳児の反応が良い絵本はこちらにまとめています。

目次

2歳児の反応がよかった絵本7選

それでは早速ご紹介していきます。

お子さんへの贈り物の参考にしていただければ幸いです。

だるまさんシリーズ

だるまさんのコミカルな動きを一緒に真似しながら読める本

体の部位を覚えるのにも役立ちます。

絵本を読みながら、だるまさんの動きを真似する様はもう天使そのもの。

とくに、「にこっ」というシーンで本当に「にこっ」と真似する様

この世に存在する表現を用いても表現できないほどのかわいさ。

お子さん、お孫さんが真似している姿を想像してみてください。

ね?かわいいでしょ?一緒に天界へ召されませんか?

  

 

 

くだものさん

仕掛け絵本です。これは何だ?と興味を持ちながら聴いています。

早く知りたくて本をめくったり、隠れていた果物を見つけたときのワクワク感がとても楽しそうです。

次第に言葉も覚えてきますから、

「これなんだ?」

と問いかけながら読んであげると、楽しそうに答えてくれますよ。

  

 

 

やさいさん

こちらもくだものさんと同じシリーズです。

食べ物に興味を持ち始め、色々と知りたがる時期なので仕掛け絵本は学習にもってこいです。

めくるたびに隠れていたやさいさんが現れて、とても楽しそうにしているのが印象的です。

楽しいので、何回も”くだものさん””やさいさん”を読んでくれとせがまれます。

  

 

 

くだものどうぞ

こちらは果物の皮をむくという、実践に沿った形の仕掛け絵本です。

皮をむいて果物が現れると、大きな声で「わぁー」と反応しています。

その他にも「りんご!」、「バナナ!」、「ぶどう!」

と言ったように果物の名前を言いながら自分で読み進めていてとても楽しそうです。

そして、この本の最大の功績は

何回も自分で皮をむいて「あむあむあむ」と食べるしぐさをすること

です。

絵本を読みながら果物を一生懸命に食べるしぐさはたまらなく可愛いです。

どうですか?お子さん、お孫さんにやらせてみたくなりませんか?

 

 

 

はらぺこあおむし

こちらは定番ですね。色彩豊かな絵が子供の心を惹きつけます。

何より、この本の歌があり、一緒に歌いながら本を読むことができるんですね。

歌を歌いながら自分で読み進める事もできるようになり、自分で読んでいる感覚がとても楽しそうです。

なにより、自分が子供の時にも読んだことがある本なので、懐かしさを感じながら親子で楽しめます。

  

 

 

アンパンマンのクリスマスイブ

アンパンマンは小さい子供にとってアイドルの様なものです。

その為、基本ハズレというものがありません。

今回紹介するアンパンマンのクリスマスイブという本には

”なだれおに”というキャラクターがでてきます。

そしてこの本には見開きのページがあり、そのページに来るたびに「うわぁ、大きいねー」と大興奮です。

そこのページが破れてしまうほど何回も何回も繰り返し見ています

文章は長めなので、とばしとばしですが、アンパンマンやバイキンマンの絵を見ているだけでも楽しそうにしています。

 

 

 

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

自分でいろんなことをやりたがる年頃です。

と同時に、イヤイヤ期でもあるので一つの事をやってもらうのが大変なんですよね。

そんな時は本を使って行動を促してみましょう。

この本を読んであげたら気に入ったのか、自分から

「きょうもはみがきれっしゃ、くる?」

と進んで歯磨きをせがんでくるようになりました。

かわいいじゃねぇか、ばかやろう。

  

 

 

まとめ

今回は2歳児の反応が楽しい絵本を7つ紹介しました。

色々できるようになってくるこの時期は仕掛け絵本が何かと楽しそうです。

感情豊かな時期を支えてくれて、色んな反応を示してくれますので

絵本を読む側も贈る側もとても楽しいですよ。

今まで以上に可愛いしぐさ、絵本で引き出してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる