MENU
カテゴリー
アーカイブ

「1分で話せ」読んで気づいた事3つ。言いたい事を簡潔に伝える方法

こんにちは、はんぺんです。

皆さん、言いたい事を簡潔に伝えられてますか?

言いたい事を簡潔に伝えられたら本当にカッコイイですよね。

しかしながら、多くの皆さんは次のような事で悩んだことあると思います。

悩みポイント
  • 言いたい事がまとまらない。
  • 伝えたい事がぼんやりしてしまって伝わらない。
  • 伝えたい事がありすぎて長くなってしまう。

自分もまだまだ出来ていないところがあります。

ですが、文章を書いている以上は必要なスキルだと考えています。

言いたい事が伝わり、その通りに動いてくれる。

こんなことが身につけられたら凄いと思いませんか?

そこで今回は簡潔に伝える・まとめるスキルを身につける為に

おススメな1冊と読んで気づいた重要な事3つをご紹介します。

この内容を意識するだけで、だいぶ変わりますよ。

目次

おススメ本「1分で話せ」

ご紹介する本はこちらです。

簡潔に物事を伝えるためのエッセンスが詰まった本です。

この本を要約すると・・・

「結論」と「根拠」をロジカルに伝える

これを意識するだけで格段に簡潔に伝わりやすくなります。

これはブログにも必要な要素ですよね。

読者の必要な情報を届け、根拠で納得させる。

なるほど、ただ実際はどのように実践すればいいのだろう?

次の事を実践していくことで簡潔で伝わる文章、話し方にすることができます。

簡潔に伝えるのに重要なこと3つ

ここでは「1分で話せ」を読んで気づいた重要な点3つを具体的にまとめていきます。

この3点を意識すると格段に伝わりやすい文章になりますよ。

①結論を明確にする。

結論を明確にするとは、相手に動いてほしい方向を示すことです。

その為、結論を出すには自分に問いかけて考える事が必要になってきます。

具体的には、そう考える根拠を並べて自分になぜ?と問いかける事です。

その結果、自分はこうしたい、相手にこうしてほしいという結論を明確にできます。

ここがぼやけてしまうと、伝わりにくくなりますので注意しましょう。

②結論と根拠をセットにする

簡潔に伝えるには結論と根拠がセットになっている事が重要です。

根拠があって、適切な量で伝えると簡潔につたわりやすくなります。

説得力を持って簡潔に伝える為に必要な根拠の数は3つが目安です。

それ以上もしくはそれ以下になると次のような特徴に当てはまってしまいますので気をつけましょう。

根拠の適切な量を誤ると・・・

話が長い人の特徴・・・根拠がありすぎる

話が伝わらない人の特徴・・・根拠が少なすぎる

結論と根拠をセットにするテクニック

結論と根拠をセットにして考えるのに重要なのがピラミッドストラクチャーです。

出典:1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 
伊藤 羊一 (著)

この構造を相手の頭の中に枠組みを作ってもらうことで簡潔に伝わりやすくなります。

ピラミッドはロジカルに作る必要がある。

※ロジカル=論理的な(わかりにくければ結論と根拠の整合が取れていると思ってもらえればOKです)

ピラミッドはロジカルに作る必要があります。

何故なら、ここがロジカルであれば相手に伝わるからです。

ロジカルかどうかの確認方法は簡単で、次の通り。

意味がつながっていればロジカル。

意味がつながっていれば人は理解できます。

簡単な確認方法は声に出してみるのがわかりやすいですよ。

また、聞き手のメリットにつながっている事の方がより伝わりやすくなります。

よって、聞き手がそう判断できるかが大事になってきます。

それにはまず①で言ったように聞き手の事を考える事が必要です。

③必要最低限の言葉だけ使う

ロジックに合うものを残し、削る。シンプルにした方が伝わります。

そして、より簡単な言葉をつかうと良いです。

何故なら、聞き手は必要最低限の情報だけ欲しいからです。

ついつい詳細に説明しようとして、文章が長く成りがちです。

ですが、聞き手は欲しい情報が手に入れば良いので長々と説明する必要はありません。

例えば、次のような場合。

聞き手

昨日の朝何してた?

はんぺん

昨日は朝から晴れていたので、洗濯を回して洗濯物をベランダに干したよ。

この時聞き手が欲しい情報は何でしょう?

”朝に何をしていたか”だけですよね?

つまり、先ほどの文章だと

昨日は朝から晴れていたので、洗濯を回して洗濯物をベランダに干したよ

聞かれたら事細かに答えたくなりますが、必要なのはこれだけなんですね。

ちょっと意識するだけで、簡潔にすることができますよ。

話が長くなる要因

先ほども言いましたが、話し手は全部伝えたくなってしまうんですね。

プロセスを話してしまう。(頑張った事もこれに含まれます)

また、相手の気を使いすぎて結論から入れないという事もあります。

さらに、意見に幅を持たせるために、自分の伝えたい事以外の観点から述べてしまう。

こういった要因が話を長くさせてしまいます。

しかし、相手が求めている情報はそこには全くありません。

簡潔にわかりやすく伝えるために、これらの要因は聞かれたら答えるくらいにしましょう。

自分もかなり思い当たるふしがあり、かなり意識させられました。

まとめ

今回はいかに言いたい事を簡潔につたえるか?についてまとめてきました。

「結論」と「根拠」のピラミッドをロジカルに作れるように練習する事

が簡潔に伝える技術を鍛えることになります。

この様なスキルを学ぶ事が出来ますし、意識する事で伝える技術が各段に向上しますよ。

自分はこれを意識することで、

会社で「説明が分かりやすくなった」と言われるようになりました。

実践でおススメなのはTwitter

140字内に要約して伝わる文章を書くことができるか。

毎日140字ツイートをやったら相当鍛えられると思います。

気になった方は読んで実践してみては如何でしょうか?

忙しい方は「Amazonオーディブル」の音声版もあります。登録すると、1冊無料で聴けますのでおススメです。

興味がある方はこの機会に試してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

当サイト使用テーマ

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる