MENU
カテゴリー
アーカイブ

ガス乾燥機「乾太くん」導入の決め手(理由)をまとめてみました。

突然ですが、つい先日リンナイの家庭用ガス乾燥機「乾太くん」を導入しました。

  • 家庭に乾燥機ってぜいたくじゃない?
  • 乾燥機付きの洗濯機で十分じゃない?
  • 干せばよくない?
  • コインランドリーでいいんじゃない?

色んな意見があることでしょう。

もちろん筆者も考えました。

  • ぜいたく品ではないか?
  • 家事をサボっているだけではないのか?
  • そこにお金をかけるべきではないのでは・・・?

しかーし!!!

しかしですよ!!!

現代人は忙しいのです。

嫁さんも働いているし、子供は小さいし・・・。

想像以上に家事・育児に時間を取られます

ままん

あたしの若い頃はねぇそんなもの・・・

と親の小言が聞こえてきそうですが

はんぺん

知るかってんだっ!!!

家事の時間を文明の利器で減らせるなら、それに越したことはないのではないでしょう?

時間確保こそ最大の価値である!!!

by hanpenmaru blog中の人

そこで今回は、家庭用乾燥機「乾太くん」を導入した理由と決め手についてまとめていきたいと思います。

筆者と同じように悩んでいる方の手助けになれたら幸いです。

本記事はこんな人におススメ

・乾太くんを導入した決め手を知りたい

・乾太くんを導入したいが、あと一押しが欲しい

・贅沢品だと導入をとどまっている人

筆者の家庭環境
・筆者・嫁・息子2人の4人家族
・夫婦共働き
・息子が幼稚園と保育園に通園している。
目次

「乾太くん」を導入した理由4つ

ではまず始めに導入した理由をまとめていきます。

具体的には次の4つです。

導入した理由4つ
  • 夫婦共働きで洗濯する時間が取りにくい
  • 干すのがめんどくさい
  • コインランドリーに行くのがめんどくさい
  • 息子の幼稚園・保育園の洗濯物が多い

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

夫婦共働きで洗濯する時間が取りにくい

夫婦どちらも働いていると、ついつい洗濯物たまりがちですよね。

洗濯自体はいつでもできるんですが、結局いつ干そうね?

という感じになってしまいます。

そのため、我が家は次のパターンがメインでしたが・・・

①休日にまとめて洗濯して外干し
洗濯物が多すぎて干すスペースがない
②夜に洗濯して部屋干し
乾ききらない&嫌な生乾きの臭い

こういった問題があり、結局コインランドリーを多用することに・・・。

洗濯する時間が取りにくいという事が導入検討理由の1つです。

干すのがめんどくさい

洗濯はいいんですよ、洗濯機がやるので。

問題はそのあとですよね。

毎日洗濯するわけではないので洗濯物が溜まりがち。

そして、大量の洗濯物をしたあとの干す労力といったら、大変ですよね。

干すのがめんどくさいし、大量過ぎて干す場所も無くなってくるし。

さらには取り込むのもめんどくさい。

記事を書いていて、めんどくさがりすぎだろ・・・と自分でも思うんですが、

本当の事なので仕方ないですね。

世の中上手く家事をこなしている方々には感服いたします。

さて、話を戻しますと、

結局は「洗濯後の干すという行為がめんどくさい」ので何とかしたいねというのが導入検討の2つ目の理由です。

コインランドリーに行くのがめんどくさい

ここまで来るともはや

お前何ができるん?

というレベルかもしれませんが、コインランドリーに行くのすらめんどくさいと思い始めました

 

たまに使う程度ならそんな事思わないかもしれませんが、

しょっちゅう使用していた我が家の場合、

次のような事がめんどくさいリストにあがってきたのです。

  • 乾燥機が空いてないときがある(梅雨時)
  • 駐車場が空いてないときがあり待つ場合がある
  • 移動時間の無駄(30分~1時間後にまた取りに行く必要がある)
  • コストがかかる
  • コインランドリーに小物を忘れる(靴下、子供のスタイなど・・・)
  • 取りに行くのをたまに忘れる
はんぺん

この具体的な内容は
コインランドリーのメリットとデメリット
別記事にしてまとめようと思います。

結局のところ、仕上がりは抜群なのですが時間とコストがどうしてもかかってしまうという事がネックになり、

乾燥機を導入検討するに至りました。

息子の幼稚園・保育園の洗濯ものが多い

息子が現在3歳と1歳なのですが、幼稚園と保育園で毎日使用するものがあります。

そのため、洗濯物が以前より増えてしまったということが乾燥機導入の検討理由に挙げられます。

特に、毎日使う制服やタオルなどはため込んでしまうと翌日分が無い!何てことに。

そのせいで、急遽夜に洗濯を回し、深夜にコインランドリーへ行く・・・

といったこともあったんですね。

さすがに、眠い目をこすりながら乾燥が終わるまでの時間、

コインランドリーで待機していた時は無駄だなあと思ってしまいました。

よって、自宅に乾燥機があったらこんな事減るよなという考えのもと導入検討に至っています。

その中でも「乾太くん」を導入した決め手は?

理由は沢山あれど、その中で導入の決め手になったことベスト3をまとめます。

導入の決め手ベスト3

1位 待ち時間

2位 ランニングコスト

3位 毎日息子の幼稚園・保育園の洗濯物が必要

これらをもろもろ加味した時に、我が家はお家にあった方が便利という結論に達しました。

1つずつ具体的に見ていくことにしましょう。

導入理由1位 待ち時間

先ほどの導入検討に至った理由を見ているとお分かりかと思いますが、

頻繁にコインランドリーを使用していると、やはり待ち時間は大きなウエイトを占めてきます。

具体的にいうと、次の3つが時間を無駄にしているなと感じていました。

・コインランドリーまでの移動時間

・乾燥機や駐車場の空き待ち

・乾燥中の待ち時間

コインランドリーまでの移動時間

単純にコインランドリーまでの移動時間だけならそう大した事ありません。

しかし、乾燥機に入れてセットして家に帰って、また乾燥終了時間を見計らって取りに行く・・・。

この2往復は相当面倒くさいですし、塵も積もれば山となりますよね。

仮に往復10分としても、月1回の頻度で言った場合でも240分も移動で使っていると考えたらどうでしょう?

相当もったいないと思いました。

そして何より、乾燥終了時間を見計らって取りに行く必要があるので

乾燥時間中に何かしようとしても気になって集中できない事が多々ありました。

これってとても時間の無駄ですよね。

乾燥機や駐車場の空き待ち

特に雨の休日梅雨時期に多く発生する現象ですね。

コインランドリーに行ったはいいけど、乾燥機が全部使用済み・・・。

しかもどれも残り10分以上乾燥時間が残ってる・・・。

はたまた、それ以前に乾燥待ちで駐車場が完全に埋まっていて入れすらしない時もあります。

空くまで待ったり、周辺をウロウロしたりと非常に無駄な時間を過ごしていたなぁと今でも思います。

ましてや、それが貴重な休日であるならば尚更ですよね。

乾燥中の待ち時間

乾燥中の待ち時間も上手く使えなければ時間の無駄ですよね。

乾燥時間は30分~40分が一般的だと思います。

待とうと思えばTVや動画を見ていたら意外とすぐに経ってしまう時間です。

本当は一回帰って、他の家事をこなして自分の時間を確保するなりすればいいのですが、

“微妙すぎる時間なのでその場で待つ”

という事をしょっちゅうやっていました。

そのため、全ての家事を終わらせて本来は30分早く寝れるところが、どんどん後ろに行ってしまい寝不足に・・・

なんてことになっていました。

これも凄い無駄ですよねぇ。

これらの無駄な時間が無くなれば自由時間が増えるなと思ったのが導入の決め手です。

導入理由2位 ランニングコスト

当然、初期に支払う額は高額です。

しかし、頻繁にコインランドリーを使用している我が家としては、導入した方が安いという結論に至りました。

実例で言うと、コインランドリー1回につき、大体500円~600円ほど使用しています。

週に2回使用したとすると、月8回で約4,000円。

年間にすると、約48,000円の使用です。

(※実際は梅雨時の使用回数がもっと増えるのでこれ以上かも・・・)

はんぺん

意外とでかいな・・・。

導入費用見積は工事費込みで約25万円程度だったので、約5年で回収できる計算です。

待ち時間と込みで考えた場合、節約できるメリットの方が大きい。

これが導入の決め手となっています。

導入理由3位 毎日息子の幼稚園・保育園の洗濯物がある

幼稚園や保育園に通いだしてからの息子の成長は著しく、日々楽しくはあるのですが・・・

やはり園生活になると毎日洗濯物が出るんですよね。

それの何が問題なのか?

以前こんな事がありました。

明日の保育園の準備をしているときの事です。

洗濯物をため込みすぎて、

次の日に持っていくタオルが無い!制服がない!

この時すでに22時

急いで洗濯機を回し、コインランドリーへ!

もろもろ完了した時にはすでに日付が変わっておりました

眠い目をこすりながら保育園の準備をし、

寝床につけたのが午前1時

反省することはあるものの、

流石にこれはしんどいなと思ったのです。

筆者の深夜の葛藤より

その時、

はんぺん

家に乾燥機あったら確実に睡眠時間が確保できるな・・・。

そう考えたのが決め手の1つとなっています。

今回導入した乾太くんのスペック

今回導入した乾太くんはDRT-80という型式の、洗濯物8kgまで対応した物です。

筆者の家は4人家族で、9kgの洗濯機を使用しています。

1日でその洗濯機の3/4は埋まる為、4人以上いるご家庭の方は乾燥機8kgまで対応したものの方が良いでしょう。

導入後の変化

結論から言いますと、導入してよかったと心底感じています。

時間を気にせず洗濯して乾燥まで自宅で完結できるメリットは計り知れません。

自分の時間が明らかに増えました。

そして、嫁さんの機嫌も良い(笑)

導入コストはかかりますが、それ以上にメリットを享受できています。

はんぺん

導入後の変化についてはまた別記事で具体的にまとめていきたいと思います。

まとめ 「乾太くん」を導入した理由と決め手

最後に簡単にまとめます。

導入の理由

時間とコストの節約につながるから

導入の決め手

自分の自由時間を確保できると考えた事

 

筆者は実際に導入してみて生活が変わりました。

迷っている方はこれを機に検討してみてはいかがですか?

素敵な自分時間を確保できると思いますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる