MENU
カテゴリー
アーカイブ

トーキングマラソンのトレーニング内容解説【30代英語初心者が挑戦】

悩んでいる人
悩んでいる人

会社の昇格要件に英語スキルが組み込まれてしまいました。入社以来、英語の勉強なんてしてこなかったのでこれから勉強しなければなりません。ですが、何をやったらいいのかよくわかりません。英語初心者でも簡単にできる勉強法を教えてください。

このように会社の昇格要件に英語スキルが求められて、急に勉強せざるを得なくなった方は少なからずいると思います。

特に今まで英語の勉強から遠ざかっていた人にとっては、1から勉強を開始するのは非常におっくうですよね。

そこで今回は英語ブランクが長くても、英語が苦手でも英会話学習ができるアプリについて実際使用してみたのでご紹介します。

英語をフレーズごと“まるっと”覚えられる&発音も上手くなる【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

  

目次

スマホ相手に英会話学習「トーキングマラソン」使ってみた

では早速使ってみた様子を画像付きでご紹介いたします。

その前に、トーキングマラソンの登録方法についてまとめていますので、導入前のかたはご確認ください。

まずはアプリを起動して、ログインします。

ログインすると、以下の様なメニュー画面になります。

スキットトレーニングをタップすると、トレーニングが開始されます。

1スキットあたり、約5分で完了できますので、隙間時間などに簡単に活用できます。

トレーニング内容紹介

さて、実際はどのようなトレーニングになっているかをご紹介していきます。

スキットトレーニングは様々なシチュエーションの会話をベースにクイックレスポンス式のトレーニング(お題に対して6秒以内に回答する)を行います。

さっそく開始してみます。

スキットトレーニング【1.RUN】

シチュエーションの説明があり、ここからスキットトレーニングが開始です。

さっそく英会話のお題が出てきました。6秒以内に回答します。

スマホに向かって回答すると、自分の解答がこんな感じで評価されます。

このやり取りをいくつか繰り返して、1回目は終了です。

スキットトレーニング【2.WORK OUT】

次は先ほどのシチュエーションで出題された英会話の練習になります。

できるまでひたすら練習することができます。

ちなみに、ここでも回答までの6秒の制限時間がありますので、のんびり考えてる暇はありません。

ここで全てのフレーズを「言えた」と選択すると、次はもう一度シチュエーションに戻って再度英会話です。ここでの練習の成果を発揮しましょう。

スキットトレーニング【3.RUN AGAIN】

最初のトレーニングと同じように、英会話トレーニングを実施します。

このフェーズに来ると、練習の成果もあって1回目よりは回答できるようになっています。

最後に1回目と2回目の英会話の回答の変化が表示されます。

以上で1スキット終了になります。

これだけなので、本当に5分程度で1スキット完了します。

あまり考えてる余裕がないので、瞬発力で回答するようになります

最初は難しいかもしれませんが、練習を続けていくうちに回答できる問題が増えていきますよ。

まとめ

今回は「トーキングマラソン」のトレーニング内容について簡単にご紹介してきました。

トーキングマラソンの流れ

【1.RUN】シチュエーションに対して6秒で英語で回答

【2.WORK OUT】使われたフレーズの練習

【3.RUN AGAIN】再度シチュエーションに対して6秒で英語で回答

会話の瞬発力が鍛えられるので英会話の導入ににはもってこいの学習法ではないかと思います。

皆さんも是非1度試してみては如何でしょうか?

とっさに回答できるととても気持ちいいですよ!

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる