MENU
カテゴリー
アーカイブ

【ブログ運営】思いついてもなかなか行動に移せないあなたへ

こんにちは。はんぺんです。

ブログ運営していると、本当にさまざまな事が学べますよね。

その学びの中で次のように思った事はありませんか?

ブログを伸ばすための行動

  • これやってみたら面白いかも!(人の集客)
  • このターゲット選定でいけるんじゃ無いか?(マネタイズ)
  • 上手く行ってる人はこれやってる!(上位者のノウハウ実践)
  • PV数増やすためにTwitterの企画参加した方がいいのかも?(SNSの活用)

さて、ここで質問です。

そう思っていて何割行動に移せましたか?

10割、100%と言う人は素晴らしいです!そう言う方にはこの記事は必要ありません。

引き続き行動していきましょう。

でも、そうでないとしたら…

ちょっとだけお付き合い頂けますか?

せっかくいいことを思いついたのに行動に移せていないあなたに、伝えたい事があります。

何度でも読んでみてください。

目次

いい事だと思っているなら、割と素直に従ってみたらいい

人間変わりたくない時はだいたい満足している時です。そういう時は行動を起こそうとしないです。

でも、変わりたいんですよね?変わるんですよね?

じゃあ、どうすべきか答えは見えてますよね?

自分が試したい、面白そうだと思っている事なら、割と正解です。

素直に従ってみてください。そして行動を少しずつしていきましょう。

一歩でも行動を変えられたら相当すごい

一歩でも行動を変えられたら相当すごいですよ。

でもその一歩を変えるのってそんなに簡単じゃないんですよね。

人間って怠ける生き物ですし、地球上に存在する物質でさえ、不安定な状態を嫌いますからね。

だから、1mm(ミリ)でも、1μm(マイクロ)でも、1nm(ナノ)でも、1pm(ピコ)でもいいです。

昨日と違う事を意識してやってみて下さい。

例えば通勤経路でも買い物に行くお店でも変えてみてください。

積み重ねが自分を作り、積み重ねが自分を変えます。

アイディアは試さないと損

そもそも、思いついたことを外に出さないとエスパーでもない限り誰もわかりません

そして、あなたが思いついたことはだいたい他の人も思いつきます。

どんなに自分が

「斬新で革新的な発想だ!」

と思っていても残念ながら沢山の人が思いついています。

これだけを聞くと、がっかりするかもしれませんね。

ですが、この先が重要なんですよ。

みんなアイディアは思いつくんです。思いついているんです。

だけど、そこから行動する人、試そうとする人ってどれだけいるか?って事です。

100人思いついたとして、行動を起こす人は約2割程度です。

その中で更に最後までやりきる人はおそらく1割にも満たないです。

そう考えると、試した時点で自動的に2割側に入っています。

希少価値の高い側に簡単に入れます。

勝手にライバルが減る

皆さん、次のような経験はありませんか?

今まで二の足を踏んで、中々踏み出せないでいた。

そしたら、自分と似たような事を思いついた人が上手くいっていた。

自分も思いついているんだから、試せばよかった・・・。勿体ない。

まさに、自分で舞台から勝手に降りてしまっている状態なんですよ。

こうしてしまう人が本当に多い。

なので、アイディアを思いついたらまずは試してみましょう。

試してみない事にはどうなるかなんてわかりません。

それでうまくいったら儲け物じゃないですか。

それでも躊躇してしまう理由 3パターン紹介

ただ、理屈はわかってもやはり躊躇してしまう事の方が多いです。

躊躇する理由を解析してみると、大体次の3パターンに分けられます。

  1. 反応が怖い
  2. 反応無しが怖い
  3. 場を壊すのが怖い

一つずつ解説していきましょう。

反応が怖い

こちらに関してはアイディアに対し、アンチコメント、嫌がらせ、炎上といった反対の反応が来ることに対する恐怖です。

もちろん過激な内容の場合は発生する可能性はありますが、ほとんどは気にする必要のない恐怖です。

だいたい、ネット上で炎上するにはかなりの知名度が必要です。

当たり前の話ですが、インフルエンサーなどの有名な人は1つ発信するだけで、それこそ何百、何万という人の目に触れます。

そうなると、アンチにも触れる機会が増えるわけです。

ところで、あなたの場合はどうでしょう?

失礼ながら、いったいどこにそのような影響力があるのでしょうか?

万が一の可能性より低いことを気にしていてもしかたありません。

是非とも思いついたときは試して見てください

逆に今のあなたが炎上したら、それは才能ですよ。誇っていいと思います。

反応無しが怖い

次はせっかく発信したのに反応が何もなかったらどうしようと考えてしまって行動を起こせないパターンです。

これは初心者あるあるだと思います。

何故か自分だけはインフルエンサーばりに反応がある、紹介されるといった夢物語を描いてしまうんですね。

それは悪いことではないけど、もっと現実見ないといけません。

というか、知らないといけないです。

一回その妄想を打ち砕かれてからがスタートです。

これを知ってもなお、「自分はもしかしたら」と期待を抱くはずです。

それは構いません。大いに抱きましょう。

ただし、重要なのは反応がなくても凹み過ぎない事です。

いいですか?世間はあなたをまだ認知できてないんです。認知されるには時間がかかります。

よって、その期待はもうちょい先に叶うので、最初はとりあえずやりましょう。

それでも反応無しは怖いという人は

それでも反応無いのが怖い人ははんぺんのツイートにとりあえず「いいね!」してみてください。

自分が必ず見に行きます。

これで反応無しのリスクはゼロですね!

場を壊すのが怖い

これは結構日本人あるあるだと思います。

周囲の空気というものを読んでしまってなかなか行動に移せないというパターンです。

わかります。

あいつ変だなって思われたく無いですもんね。

自分もそうです。変なのにね。気にしちゃいますよね。

だから、せっかく思いついても周りの事を考えてしまって、少しでも合わないと思ったら試すのをやめてしまう。

これは自意識過剰過ぎです。周りに気を使ってる自分素敵病です。

「気を使ってあえてやめる。分かる人に分かればいい。私は配慮ができる人間だ。」

by hanpenmaru blog 中の人

すみません、変な引用がでてきましたが、これ以前の自分です。

はっきり言って、これどう思います?

結局何もやらないので、誰にも何にも伝わらないって事なんですよね。

だから良くも悪くも、変な事にはなりません。

なりませんが、絶対何も変わりません。

せっかく思いついているのにです。

何かもったいなくないですか?

それに周囲はあなたが思うほどあなたの事を気にしていません

同じ自意識過剰なら、

「自分はこんなすごいことを思いついた。すごいだろ」

というスタンスで進めてみましょう。

大丈夫です。失敗しても覚えてるのは自分だけです。

顔から火が出るくらい恥ずかしい経験も、自分しか覚えていません。

それがしんどいのも最初だけです。

どんどんやっていきましょう。

失敗はネタにしよう

さて、今まで思いついたなら、やってみろやってみろと言ってきました。

何故か?

最高のネタになるからです。

行動した結果がどうなったか?

これって結局、経験した人しか書けないんですよね。

例えば、自分はこのブログ内で資格試験の記事も書いています。

そこに失敗事例の記事があります。

全部自分が体験した失敗です。これもしっかりネタとして記事にできています。

また、自分のツイートでも日常の失敗ネタを投稿しています。

反応はまちまちですが、最近反応が増えてきたと実感しているのでネタにしつつも成果を実感してます。

1か月で環境は変わってくる

1か月で割と環境や状況は変えられます。

これは行動したか?しないか?の差です。

その行動とは「今まで自分がしてこなかった事を1つやってみる」という事だけで十分です。

難しい事はいりません。

自分が今までやったことが無い事から一つ選んで1か月続けてみてください。

そのあと続かなくてもこれまた経験になります。

そしたら今度はまた別の今までしてこなかったことを1つやってみたらいいんです。

どうですか?1年間で12回変化を感じるチャンスありますよ?

やってみない手はないと思いませんか?

まとめ

今回は「悩んでいるならとりあえずやってみたらいいですよ」というお話でした。

本記事でちょっとでも悩みが解消されましたら、幸いです。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして。hanpen(はんぺん)です。
30代の普通の会社員しています。
20年8月よりブログ開設致しました。自由に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる